ビジネスブログ | 名古屋市での車庫証明・名義変更・出張封印の手続きはゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋市で自動車の登録業務に特化した事務所です。

BLOG

2020年02月14日 [自分でやる手続き]

ネットを調べればわかる...役所に聞けばわかる...というけど。

現在、私の主な業務は自動車の登録手続きに関することです。
具体的には、自動車の名義変更・車庫証明の取得などです。
この手続きは自分で行えば代行料が必要ないため、
「これらの手続きを自分でやってみよう。
必要な書類はネットを調べればわかるし、それでもわからないことは役所に聞けば教えてくれる。」
と頑張る人も多いかと思います!(^^)!

実際のところはどうなのでしょうか....?
必要書類や大まかな手続きの流れはネットで調べて、細かな疑問は役所に聞けばすんなり自分でできるものなのか。

私は、「期日に余裕があり・手続きの難易度と手続きを行う時期によってはすんなりと自分でできる。」と思っています。

どういうことかと言いますと、「手続きの難易度」については単純なケースであればあるほどネットにも情報が多く存在しているためやりやすくなります。
しかも丁寧に図で説明されていたり、申請書の見本があったりしてかなりわかりやすいです。

しかし複雑な手続きの場合やレアケースの場合にはネットでその情報を探し出すこと自体が困難になります。
「どこをどうやって探したらよいの( ゚Д゚) なんて検索かけたらいいの( ゚Д゚)」
などしている間にイライラしてきて、役所に聞けば良いか。ということになります。

次に「手続きを行う時期」というのは、役所には繁忙期なるものが存在しており、連休明けや年度末などは大変混み合っており、窓口やコールセンターは大忙しです。
相談窓口に行けば1時間待ちだったり、電話を掛ければ「ただいま混み合っており、そのままお待ちになるか、改めてお掛け直しください」の音声がきこえるばかり( ;∀;)
なんのことはない通常の日でしたら電話がすんなりとつながることもありますし、相談窓口の待ち時間が0分の時もあります。
これが「手続きを行う時期による」という意味です。

時間を掛ければなんとかなるのでしょうが、手続きの遅延により書類の有効期限が切れて取り直しになる。
そんな二度手間もあります。
車庫証明の取得が遅れて、納車の期日に間に合わないなんてこともあり得ます。

ですので、「期日に余裕があり・簡素な手続きで・役所が暇なとき」であれば自分で手続きをするのも良いかと思います。
なお弊所は、自分でやれるところまでやって、「途中で嫌になったから後を任せます」といったような場合には、収集してある書類や手続きの進行具合を考慮してお値段の調整をさせていただいております。
「ひとまず自分でやってみたけど途中で嫌になった。」そんなご依頼もお待ちしております(*^-^*)

PageTop