ビジネスブログ | 名古屋市での車庫証明・名義変更・出張封印の手続きはゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋市で自動車の登録業務に特化した事務所です。

BLOG

2020年03月07日 [自分でやる手続き]

自分でやる手続きG 「軽自動車の名義変更」

名古屋市で、軽自動車の名義変更を行っている、行政書士の木町です(*'ω'*)

このブログは、名古屋市に住んでいる方が、自分で軽自動車の名義変更を行いたいというときに参考になるようにと作成しております。
軽自動車の名義変更

【どんな場合に名義が変わるか】
初めに...軽自動車の名義が変わる場合には、
@中古車を買ったとき
A車を譲り受けたとき
B親から相続したとき...などがあります。
相続による軽自動車の名義変更についてはこちらのブログ記事に詳細があります。

【誰が名義変更を行うのか】
上記のようなことが起きたら、新しく車の所有者になる人(新所有者)が名義変更の手続きを行います。
前の車の所有者さん(旧所有者)にも協力してもらう部分はありますが、愛知主管事務所へ行くのはあくまで新所有者です。

【どこに行くのか】
手続きに行く場所は、名古屋市港区にある軽自動車検査協会の愛知主管事務所です。
歩いていく場合には、地下鉄名城線「港区役所駅」を降りた後、西へ向かって1〜2kmくらい歩きます。
坂道もないので歩きやすいですが、軽自動車検査協会の場所が見つけにくいので、いろは橋を越えたあたりから看板を探すようにして歩けば大丈夫です。

【何を持っていくのか】
軽自動車協会に赴く前に以下のものを用意してから行きます。
@車検証の原本
A・申請依頼書
この申請依頼書の旧所有者の欄に前の持ち主に印鑑を押してもらいます。(認印で大丈夫です)
そして、使用者の欄に自分の印鑑を押します。(こちらも認印で大丈夫です)
B住民票の写し(コピー可です)
※マイナンバーが記載されていないものを取得してください。
Cナンバープレート
※名古屋ナンバーに変わる場合。
他ナンバーから名古屋ナンバーに変わる場合には、古いナンバープレートが必要になります。
なお、車を持ち込まなくても外した古いナンバープレートのみを持参すれば大丈夫です。

【現地で書く書類】
軽自動車検査協会に着きましたら以下の書類をもらって書き込みます。
@自動車検査証記入申請書(軽第1号様式)
A軽自動車税申告書

【登録に掛かる手数料】
軽自動車の名義変更は無料で行うことができます。

以上の書類をを窓口に提出すると新しい車検証がもらえます(*'ω'*)

軽自動車の名義変更は普通車のときと違い、譲渡証明書や車庫証明書は必要ありません。
印鑑証明書の添付も要求されていませんので、印鑑も認印で大丈夫です。

このように、軽自動車の名義変更手続きはそんなに難しくありませんので、名古屋市の港区へ平日に行ける方はぜひチャレンジしてみて下さい(^-^)
なお、弊所にご依頼いただける場合には、軽自動車の名義変更は\5,000(税別)でお受けしております(*^^)v

PageTop