ビジネスブログ | 名古屋市の車庫証明書取得、名古屋ナンバーの名義変更・出張封印の手続きはゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋市で自動車の登録業務に特化した事務所です。

BLOG

2020年03月07日 [自分でやる手続き]

自分でやる手続きH 「名古屋市千種区で普通車の車庫証明書を取る」

名古屋市で車庫証明書の取得を仕事にしている行政書士の木町です(^-^)

このブログは、名古屋市に住んでいる人が自分で車庫証明書の取得をしたいなと思ったときのお役立ち記事です。

一般的な車庫証明書の取得方法ではなく、具体的にご説明していく内容となっております。
そして今回のテーマは「名古屋市千種区で普通車の車庫証明書を取る。」です(*^^)v

【どこに行けばよいのか】
初めに、車庫証明書は車庫の場所を管轄している警察署に申請しに行きます。
ですので、駐車場の住所が千種区の場合には千種警察署に行く事になります。
申請場所は千種警察署2Fにある交通課で、受付時間は8:45〜17:30です。
愛知県名古屋市千種警察署

【行く前に何を用意すればよいのか】
@・自動車保管場所証明申請書
※申請書と運輸支局長提出用の2枚を記入します。
A・保管場所標章交付申請書
※申請書と保管用の2枚を記入します。
B ・使用権原疎明書面(自認書 兼 使用承諾証明書)
※駐車場が自分の土地の場合には自認書に記入し、借りている場合には大家さんから使用承諾証明書に記入してもらいます。
C・所在図と配置図
※所在図には自宅の地図を書き、配置図には駐車場の図を書きます。
なお、自宅から駐車場までは2km以内である必要があります。
D愛知県収入証紙代2,200円
※千種警察署内で購入できます。
E本人確認書類
※自動車免許証で大丈夫です。

【どうやって行けばよいのか】
千種警察署の場所は、 名古屋市千種区覚王山通8-6です。
車で行く場合には駐車場がありますので心配いりません。
なお、地下鉄で行く場合には、東山線池下駅を降りて東に500mくらいで着きます。

【警察署到着後】
2Fの交通課に向かい、申請用紙に愛知県収入証紙2,200円分を貼り付けて申請します。

【申請後】
警察官が平日の日に駐車場が車庫としての機能を果たしているかのチェックをするため、出来上がるまで2日程の期間を要します。
申請時に車庫証明の引換券が渡されますので、それまで保管しておきます。

【出来上がり予定日】
車庫証明書出来上がり予定日までに駐車場としての使用に問題がある場合には警察官から連絡があるため、なにも連絡がなければ無事に仕上がっています。

【出来上がり時に持っていくもの】
@車庫証明書の引換券
A保管場所標章申請書に貼る愛知県収入証紙代(500円)

これで、車庫証明書と保管場所のシールがもらえるので終了です(*^^)v

車庫証明書の取得には合計2回、平日の日中に警察署に行かなければなりません。
時間が取れないという方は、弊所まで車庫証明書の取得をご相談下さい(*^-^*)

PageTop