ビジネスブログ | 名古屋市での車庫証明・名義変更・出張封印の手続きはゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋市で自動車の登録業務に特化した事務所です。

BLOG

2020年03月08日 [自分でやる手続き]

自分でやる手続きI 「車庫証明 大家さんからの承諾書に手数料が掛かる場合」

名古屋市で軽自動車の車庫証明の申請を代わりに行っているゆめのほし行政書士事務所です(^-^)

このブログは、名古屋市に住んでいる人が、自分で自動車の車庫の届出をしたい人に向けてのお役立ち記事です。

今日は「大家さんからの使用承諾書の取り寄せに手数料が掛かってしまう場合」についてお話していきます。

初めに、自動車を購入したり、自動車を使用する場所に変更があったりしたときは、駐車場を管轄している警察署に車庫の届出をしなければいけません。

自動車の車庫の届出を申請する時に必要な書類の一つに「保管場所使用承諾証明書」があります。
これは、駐車場を他の人から借りている場合に、その人から駐車場の使用の承諾を取り付けました、という内容が書かれている書類です。

この保管場所使用承諾証明書を大家さんに直接書いてもらえるような場合には問題ないのですが、
不動産会社さんが仲介しているような場合には、大家さんとの仲介手数料として数千円の手数料を支払うような場合があります。

そのような場合には、手数料を支払って保管場所使用承諾証明書を用意しなくても、
@駐車場賃貸借契約書の写しや
A当該契約内容が明記された駐車場料金の領収書等
があれば保管場所使用承諾証明書の代用になる場合があります。
ただし、駐車場の使用契約書の中に、保管場所使用承諾書に必要な住所・契約期間などが含まれていることが求められます。
契約期間が既に過ぎてしまって、自動更新になっている場合には、別途、駐車場料金支払いの領収書や、引き落としの場合には通帳のコピーが必要になってきます。

【さいごに】
自分で手続きを行うのは費用を抑えることができるという利点がありますので、少しでも費用を抑えたいという方の参考になれば幸いです(*'ω'*)
なお弊所では、名古屋市内の軽自動車の車庫の届出を、5,000円(税別)で代行しております。


PageTop