ビジネスブログ | 名古屋市での車庫証明・名義変更・出張封印の手続きはゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋市で自動車の登録業務に特化した事務所です。

BLOG

2020年03月09日 [自分でやる手続き]

自分でやる手続きJ 「車庫証明 所在図の書き方」

名古屋市で普通自動車の車庫証明書の取得や、軽自動車の車庫の届出を行っているゆめのほし行政書士事務所です。

このブログは、名古屋市に住んでいる人が自分で車庫証明を取る時に役立つよう作った記事です。
今回は、自分で車庫証明書を取ろうと思ったときに必要となる所在図の書き方です(^-^)
車庫証明は簡単に取れると聞くけど、いざやってみると色々な疑問が出てきます。
その一つに、所在図はどれくらい丁寧に書かなければいけないのかな(・・?
ということがあります。

【所在図とは】
所在図とは、家の場所と車庫(駐車場)の場所とをわかりやすく書いたものであり、車庫証明書の取得に必要な書類の一つです。

【用紙はどこでもらえるのか】
所在図の用紙に特別な決まりはなく、何でもよいのでA4くらいの紙に書いても大丈夫です。
また、専用の用紙は近くの警察署の交通課でもらうことができますし、愛知県警察のホームページからもダウンロードできます。
※このブログからも申請書がダウンロードできるようにしておきます。
・自動車保管場所の所在図・配置図

【書き方について】
保管場所所在図の書き方については、手書きでも地図をコピーして貼り付けても大丈夫です。

※手書きで書く場合にはこのような感じです(;'∀')
車庫証明 所在図記載例

【注意すること】
車庫証明は自宅から車庫の位置が直線で2km以内でなければ取ることができないため、自宅から車庫の距離を地図上でも良いので、正確に測って所在図にもその距離を記載しておきます。

以上で所在図は問題なく書けるかと思います(*'ω'*)
地図を書くのがめんどくさいなと感じましたら当事務所までご依頼下さい。
車庫証明書の取得代行しております(^^♪


PageTop