ビジネスブログ | 名古屋市での車庫証明・名義変更・出張封印の手続きはゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋市で自動車の登録業務に特化した事務所です。

BLOG

2020年03月11日 [自分でやる手続き]

自分でやる手続きL 「車庫証明 自動車保管場所証明申請書の書き方」

名古屋市で車庫証明の取得と自動車の名義変更を専門にしているゆめのほし行政書士事務所です(*'ω'*)

このブログは、名古屋市に住んでる人が「自分で車庫証明を取りたい」と思ったときの参考になるように作成しています。
今回は「自動車保管場所証明申請書」の書き方です。
具体的な事例があったほうがわかりやすいかと思いますので、名古屋市中区にある弊所で申請する場合を想定して進めていきます。

はじめに...
【自動車保管場所証明申請書とは】
自動車保管場所証明申請書とは、車庫証明書を取りたいと思ったときに申請する書類の一つです。

【どこで入手できるのか】
名古屋市内の警察署の交通課でもらうこともできますし、愛知県警察のホームページからもダウンロードできます。
こちらのブログからもダウンロードできるようにしておきます。
・自動車保管場所証明申請書

【どうやって書いていくのか】
書き方の具体例を載せておきます。
名古屋市中区の私が申請する場合にはこのような感じになります...
・自動車保管場所証明申請書

【書き方の詳細】
@車名・型式・車台番号・自動車の大きさ
ここの部分は「車検証」を見ながら書きます。
新車であれば「完成検査終了証」ですし、中古新規であれば「一時抹消登録証明書」か「登録識別情報等通知書」を見ます。
A自動車の使用の本拠の位置
ここには車を使う場所を書きます。
原則として住民票の住所を書きますが、例外的に単身赴任の場合などは赴任先を書きます。
B自動車の保管場所の位置
ここは駐車場の場所を書きます。
駐車場に名前が付いているような場合にはそこまで記入してください。
C日付
日付は申請する日を記入します。
D住所と氏名
こちらも車の使用者の住民票や車検証を見ながら書いてください。
E印鑑
押印は認印で大丈夫です。
F○○警察署
警察署の部分は駐車場を管轄する警察署を書きます。
名古屋市中区に駐車場がある今回の場合には中警察署と書き、名古屋市の中警察署に提出します。
G保管場所の所有区分
保管場所の所有区分は、自分の土地に駐車する場合には「自己単独所有」を選択し、月極駐車場など借りている場合には「その他」を選択します。
H連絡先
連絡先は、警察から日中に問い合わせがあった場合に出ることができる連絡先を書いておきます。
※車庫として問題がある場合に警察から電話がかかってきます。
※多い事例としては、他の自動車(旧車など)が現在登録してあり車庫として使用できないというケースです。

以上が車庫証明の取得申請に必要な自動車保管場所証明申請書の書き方です(^-^)
そこまで難しくはないのですが、平日の日中に警察署に申請に行く必要があります。
名古屋市内のどこの警察署でも良いわけではなく、駐車場を管轄している警察署へ行かなければなりません。

車庫証明書の申請にお時間の取れない方はぜひ弊所までご依頼下さい。
名古屋市の車庫証明の取得を代行しております(^-^)

PageTop