ビジネスブログ | 名古屋市での車庫証明・名義変更・出張封印の手続きはゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋市で自動車の登録業務に特化した事務所です。

BLOG

2020年03月15日 [自分でやる手続き]

自分でやる手続きM 「相続による軽自動車の名義変更」

名古屋市で軽自動車の名義変更を行っている行政書士の木町です(*'▽')

このブログは「名古屋に住んでる人が自分で自動車の手続きをしたいとき」に役立つように書いたものです。
今回は「相続による軽自動車の名義変更」です。
軽自動車の相続による名義変更

はじめの...
軽自動車の相続による名義変更は、通常の軽自動車の名義変更の手続きとそれほど変わりはありません。
その理由としては、中古の軽自動車には資産価値があまり無いと見られているからのようです(;'∀')

なお、相続による普通車の名義変更は こちらの過去ブログにあります

【どんな人に向けて書いているか】
@名古屋ナンバーの、
A軽自動車を相続した人。

【どこに手続きに行くのか】
名古屋市港区にある、愛知主管事務所へ行きます。
地下鉄の場合は名城線「港区役所」で降りて、西に1kmくらい歩きます。
業務の受付時間が平日の
08:45 〜 11:45
13:00 〜 16:00です。

【必要書類】
@自動車検査証(原本)
※有効期限が残っていること
AOCR軽第1号
※愛知主管事務所で手に入りますが、軽自動車検査協会のホームページからもダウンロードできますので、事前に準備しておくことが望ましいです。
B申請依頼書
(代理人に依頼する場合)
C新使用者の住民票
※マイナンバーの記載のが無いものを用意して下さい。
D被相続人と相続人が親族であることが分かるもの
※戸籍謄本・除籍謄本など...
Eナンバープレート
※他ナンバー➡名古屋ナンバーに変わる場合には他ナンバーを返納します。
車の持ち込みの必要は無く、ナンバープレートを取り外して持って行けば良いです。
F自動車損害賠償保険証明書
※使用者が変わった場合に必要です

集める書類はこれだけです。
普通車の相続による名義変更には必要だった、遺産分割協議書や印鑑証明書は要求されていません。
これも前述した通り、軽自動車が資産としての価値が少ないと考えられているからでしょう(^_^;)

軽自動車の相続による名義変更はあまり複雑な手続きではありませんが、愛知主管事務所が平日しか開いていないため、平日に休みを取れない場合には難しくなります。
弊所では、軽自動車の名義変更の手続きを代行していますので、お時間が無いという方はぜひご依頼下さい
(^-^)


PageTop