ビジネスブログ | 名古屋市での車庫証明・名義変更・出張封印の手続きはゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋市で自動車の登録業務に特化した事務所です。

BLOG

2020年06月21日 [車庫証明書]

【住民票の住所と違う場所に住んでいるとき】

名古屋市で車庫証明書の取得をしている、
ゆめのほし行政書士事務所です(*'▽')☆彡

このブログは、車庫証明書の取得に必要な情報を記載しているお役立ち記事です。

今回は、住所登録している住所と、実際に住んでいる住所が異なる場合に車庫証明書を取得する方法です】
車庫証明書 単身赴任

そもそも、住民票の住所以外の場所に住んでいるのに車庫証明書は取れるの?
と思いますが、必要な情報を集めることで
車庫証明書の取得は可能です。

【車庫証明書に必要な住所】
はじめに、車庫証明書を取得するには以下の3つの住所を記載する必要があります。
@住民票の住所
(住所が登録してある住所)
A自動車の使用の本拠の位置
(現在住んでいる住所)
B自動車の保管場所の位置
(駐車場の場所)

@の住民票の住所とAの自動車の使用の本拠の位置は同じであることが多いのですが、中には住民票の住所とは異なる場所で生活をしているケースもあります。

【住民票の住所以外に住んでいるケース】
@単身赴任
単身赴任で一時的に住んでいるような場合であり、住民票を変えないことがあります。
A大学生
実家を離れて、遠くの大学に通う学生さんです。
住民票を変更せずにいる場合が多いです。
単身赴任の会社員さんや、離れて暮らす学生さんでも通勤や通学には自動車を所有しなければ不便なことがあります。

【住所と駐車場の距離の規定】
車庫証明書を取得するためには、自動車の本拠の位置と保管場所の位置までは2km以内でなければなりません。
住所登録してある住所と保管場所の位置までを2km以内に収めることができないが、現在住んでいる住所と保管場所の位置までが2km以内に収めることができるのであれば、現在住んでいる住所を証明することで車庫証明書の取得が可能になります。

【証明するための必要な書類】
今住んでいる場所を証明するための書類としては以下のものがあります。
@公共料金の支払い明細
住所と氏名が記載された公共料金の支払い明細書を添付することで、そこに住んでいることが証明できます。
A郵便物
住所と氏名が記載された郵便物を添付することで、そこに住んでいることを証明できます。
消印や切手のついた郵便物が理想です。

上記の証明書類と住民票のコピーを添付すれば、住民票の住所と異なる場所に住んでいても車庫証明書の取得は可能となります。

ゆめのほし行政書士事務所は名古屋市の車庫証明書の取得を得意としている事務所です。
車庫証明書でお困りのときはご相談下さい。
車庫証明書の取得のご依頼

PageTop