ビジネスブログ | 名古屋市での車庫証明・名義変更・出張封印の手続きはゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋市で自動車の登録業務に特化した事務所です。

BLOG

2020年06月30日 [車庫証明書]

【警察から車庫証明書は郵送してもらえる?】

愛知県名古屋市で車庫証明書の取得をしている、ゆめのほし行政書士事務所です。

このブログは、実務や手続きなど「自動車の登録に関するいろいろな情報」を記載しています。
自分自身で自動車の登録手続きを行う人の参考になれば幸いです。

今回は「警察から車庫証明書は郵送してもらえるの?」です。

車庫証明書 警察署
先日、インターネットで車庫証明の調べ物をしていた際に「警察から車庫証明書を郵送してもらえた」という内容の記事を見かけました。
大変興味深い内容です。

車庫証明書を取得するには、申請時と受取時の計2回管轄の警察署へ足を運ぶ必要があります。

もし郵送してもらえるとしたら、後者の受取りが必要なくなるため、手間がグッと省けます。

新型コロナの影響もあり、警察も対面サービスを控えている可能性も考えられるため、車庫証明取得の実務のついでに聞き込み調査をしてみました。

もし本当な情報なら今までわざわざ受取りに行っていた苦労は何だったのだろうというガッカリ感と、今後の業務効率がアップするかもという期待感が溢れます。

【名古屋市の警察署での調査結果】
名古屋市内の警察署で確認をしてみたとこと、
郵送はしていないとの回答でした。

その理由としましては、車庫証明書の受取りを行う際には、申請時に発行してもらえる引換券と交換し、車庫証明書のシール代(保管場所標章)として500円の収入証紙を貼る必要があるからだそうです。
※車庫証明申請時に保管場所標章交付申請書に予め500円の収入証紙を貼って提出することはできません。
車庫証明書の発行ができない場合に申請を取り下げる可能性があるため、あくまで受取時に500円の収入証紙を貼るようです。
余談ですが、受取時の500円の収入証紙を貼って提出した場合には、申請時にきれいにはがされて返されます(-_-;)

ということで、名古屋市の警察署では「車庫証明書の郵送はしていない」ということになりました。

もしかすると、他県の警察署では異なる取り扱いをしていたり、特別な事情があったときに例外的に郵送してもらえたのかもしれません。

【ご依頼後の郵送先は選べます】
警察からの郵送はできませんでしたが、行政書士にご依頼された場合にはいろいろと融通を効かせることができます。

ゆめのほし行政書士事務所に車庫証明書の取得をご依頼いただくお客様の中には、出来上がった車庫証明書の郵送先は、自分ではなく直接車屋さんにすることはできませんか?
といったご要望を受ける時があります。
もちろん車庫証明書の郵送はご本人様以外の場所でも対応可能となっておりますので、ご希望のお客様はご依頼時に申し付けください。

ゆめのほし行政書士事務所は名古屋市の車庫証明書の取得を得意としております。
車庫証明書の取得でお困りのお客様からのご依頼をお待ちしております。
車庫証明書のご依頼

PageTop