ビジネスブログ | 名古屋市での車庫証明・名義変更・出張封印の手続きはゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋市で自動車の登録業務に特化した事務所です。

BLOG

2020年07月22日 [貨物軽自動車運送事業]

【貨物軽自動車運送事業を始めるには】

名古屋市で自動車・バイクの各種手続きを専門に行っている、ゆめのほし行政書士事務所です。

このブログは名古屋ナンバーの自動車・バイクの手続き・登録に関する様々な情報をお伝てしております。

今回は【貨物軽自動車運送事業の始め方】です。
貨物軽自動車運送事業

【はじめに】
昨今のコロナウイルスの影響により、外出をしたくてもできない方が多くいらっしゃいます。
そんな方たちの生活に必要なものを自宅まで運んでもらえることもあり、物流・配送のニーズが大変増えているようです。

ですので、私が荷物や郵便物を出しに行くとクロネコヤマトさんや郵便局さんはいつも忙しそうにしております(^-^;

そんな需要の多さから、自転車や軽自動車で荷物を配達するお仕事が人気となっているようです。
自転車や原付バイクで他人の荷物を配達する分には行政からの特別な許可は必要ありませんが、自動車(125cc超のバイクを含む)を使用して配達するには貨物運送事業の許可(正確には届出)が必要となります。

この事業用の貨物運送業を始めることは、ナンバープレートが白色の物から黒色の事業用に変更するため、黒ナンバーの取得とも言われております。

ここでは貨物軽自動車運送事業の始め方(黒ナンバーの取得)についてのおおまかな流れを説明して行きます。
なお、名古屋ナンバーでの手続きを前提として進めております。

【貨物軽自動車運送事業を始めるには】

@構造変更を行う
まず、貨物軽自動車運送事業を始めるには、現在お持ちの車両(軽自動車又は125cc超のバイク)を事業用の貨物用途にしなければなりません。
これらの手続きを構造変更といい、名古屋ナンバーの場合には軽自動車検査協会(名古屋市港区)にて手続きを行います。
A軽自動車の車庫の届出
すでにお持ちの軽自動車を事業用として登録する場合には必要ないですが、新規に軽自動車を所有するような場合には車庫としての保管場所が用意されているという証明を、保管場所を管轄する警察署へ届け出る必要があります。
(軽自動車の車庫の届出)
B経営開始届を作成する
次に名古屋ナンバーの場合には愛知運輸支局にて、貨物軽自動車運送事業経営届出書を作成して提出します。
届出が受理されると、事業用自動車等連絡書(指定書)が発行されます。
C軽自動車の登録手続きを行う
そして、Aで発行された指定書と軽自動車の登録手続きに必要な書類を用意して軽自動車検査協会へ行き、登録手続きをして完了です。
※250ccを超えるバイクの黒ナンバーの取得は愛知運輸支局にて行いますのでご注意ください。
軽自動車検査協会で黒ナンバーの取得手続きができるのは、あくまで軽自動車と軽二輪(125cc超〜250cc以下)です。

以上で運輸局が関連する手続きは終了となりますが、個人で開業される場合には別途税務署への個人事業の開業届が必要となったりします。
※貨物軽自動車運送事業を行う方は個人事業主様がほとんどです。

名古屋ナンバーでの貨物軽自動車運送事業の開始(黒ナンバーの取得)のおおまかな流れをご説明しましたが、あくまで一般的な手続きの流れであり、お客様の状況によっては更に時間が掛かったりします。
ゆめのほし行政書士事務所では、名古屋ナンバーの軽自動車やバイクで貨物運送業を始めたいという方のお手伝いをしております。
運送業のご依頼について

PageTop