ビジネスブログ | 名古屋市での車庫証明・名義変更・出張封印の手続きはゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋市で自動車の登録業務に特化した事務所です。

BLOG

2020年08月08日 [バイクの手続き]

【原付バイクの名古屋ナンバー取得】

名古屋市で自動車やバイクの手続きを行っている、
ゆめのほし行政書士事務所です。

このブログは、自動車やバイクの手続きに関する様々な情報をお伝えすることを目的として作成しております。
なお、名古屋ナンバーの場合を想定して書いておりますので、他の場所では異なった取り扱いをする可能性がありますのでご注意ください。

今回は原付バイクのナンバー取得についてです。
正式には標識交付申請といいます。
原付バイク

原付バイクを新車で購入する場合には、ナンバープレートが付いた状態で納車されるので問題はありませんが、他人から譲ってもらったりしたしてナンバーの管轄が名古屋へと変更となる場合には名古屋ナンバーに交換をする必要があります。
※名古屋市間で譲り受けしたりした場合にはナンバープレートの管轄に変更はないので手続きは必要ありません。

【そもそも原付バイクとは】
原付バイクとは排気量125t以下のバイクのことを言います。

【どこで手続きをするのか】
原付バイクのナンバープレート取得申請を行う場所は名古屋市内の各区役所にて行います。
名古屋市内であればどこの区役所で手続きを行っても大丈夫です。
※原付ではない125cc超のバイクの手続きは愛知運輸支局となりますのでご注意ください。

【必要な書類】
ここでは「他人に譲ってもらったり、購入した場合に必要となる書類」について記載してあります。
@本人確認のできるもの
※運転免許証など
A認印
B軽自動車税申告書兼標識交付申請書
「標識交付申請書」
原付バイクの標識交付申請書
※名古屋市のホームページからもダウンロードできます。
C軽自動車税廃車届受理証明書
または前登録地のナンバープレート
※旧所有者からもらってください
D譲渡証明書
※譲渡証明書が無い場合には車台番号の写真を提示または拓本を持参することで足ります。
また、Bの標識交付申請書の中に譲渡証明書がありますので、旧所有者からそこに記入してもらっても大丈夫です。
E居住場所(定置場)申出書
※住所登録地と居住地(定置場)が異なる場合
名古屋市で原付バイクを使いたいが、住民票は名古屋市以外にあるといった場合には居住場所(定置場)申出書を提出する必要があります。

【いつまでに申請するのか】
原付バイクを他人から「取得した日または転入した日から15日以内」に提出することが求められていますので、できる限り対応してください。

【費用】
無料でナンバープレートを取得することができます。
また、書類に不備がなければ10分程度でナンバープレートを発行してもらえます。

【代行】
原付きバイクのナンバープレート取得は代行サービスを利用することもできます。
ゆめのほし行政書士事務所では名古屋ナンバーの場合には代行料5,000円(税別)にてお受けしております。
平日に時間の取れない方はご相談下さい。
原付バイクの標識交付申請

PageTop