ビジネスブログ | 名古屋市での車庫証明・名義変更・出張封印の手続きはゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋市で自動車の登録業務に特化した事務所です。

BLOG

【中古新規登録の譲渡証明書と印鑑証明書】

名古屋市で自動車・バイクの手続きを専門に行っている、ゆめのほし行政書士事務所です。

このブログは普通車(登録車)の手続きに関する進め方や疑問などを記載しています。
手続きにお困りの方は参考にして下さい。
なお、名古屋市(名古屋ナンバー)の普通車の手続きを前提にしてますので、他の地域や軽自動車では異なる取り扱いをする可能性がありますのでご注意ください。

今回は「普通車の中古新規登録に必要な印鑑証明書」についてです。

【はじめに】
印鑑証明書とは・・・
印鑑証明書とは各市町村に実印として印鑑登録したものを証明する書類です。
印鑑証明書

【どんな場合に必要になるか】
普通車(登録車)の権利関係を移動させ、税金が関係するような場合には申請書類に実印の押印を求められています。
この押印が実印であることを証明するために印鑑証明書が必要になります。

【例外があります・・・】
ですが実印の押印を求められているにも関わらず、印鑑証明書の添付を要求されない手続きがあります。
それが今回のブログ記事となっている「中古新規登録」です。
この中古新規登録を行うのに必要な書類の一つに「譲渡証明書」がありますが、この譲渡証明書と印鑑証明書の関係が例外になっています。

【中古新規登録とは】
中古新規登録とは抹消手続きをされてナンバープレートが付いてない車を新たに登録する手続きです。

【中古新規登録に必要な書類】
中古新規登録に必要な書類は・・・
@登録識別情報通知書
A自動車予備検査証又は保安基準適合証
B自賠責保険証明書
C新使用者の車庫証明書
D新所有者と新使用者が異なる場合には、新使用者の住民票等
E新所有者・使用者の委任状
※実印を押してください
F新所有者の印鑑証明書
※新所有者の委任状に実印の押印が求められているために新所有者の印鑑証明書が必要になります。
G譲渡証明書
旧所有者の実印を押印

このGの譲渡証明書に旧所有者の実印の押印が要求されていますが、なぜか旧所有者の印鑑証明書の添付は求められていません

これは、旧所有者はすでに抹消手続きが済んでおり、権利関係から離脱しているから印鑑証明書は不要だが、
譲渡証明書には実印を押印するというルールがあるのでこうなっている。らしいですが...

中古新規登録の譲渡証明書には登録識別情報通知書の所有者と予備検査証の2人が旧所有者として登場する場合がありますが、この場合にも旧所有者2人とも印鑑証明書は不要となります。
最後の新所有者のみ印鑑証明書が必要となります。

【譲渡証明書(例)】
登録識別情報通知書と予備検査証の所有者が異なる場合の譲渡証明書の記載方法と印鑑証明書の有無です。
中古新規登録の譲渡証明書

以上が普通車(登録車)中古新規登録の譲渡証明書と印鑑証明書の関係です。
その他ご不明なことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

文 行政書士 木町祐介

PageTop