ビジネスブログ | 名古屋ナンバーの普通車・軽自動車・バイクの手続きはゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋市で自動車の登録業務に特化した事務所です。

BLOG

2020年12月13日 [車庫証明書]

車庫証明書の認印が不要になります🚫

こんにちは、行政書士の木町です🙂

令和3年より車庫証明書の申請用紙に申請者の押印が要らなくなります。(認印の廃止)

今は12月なので来月から開始です・・・。
全国的に開始するようで、名古屋市の警察署ももちろん当てはまります。

押印が廃止になることで、車庫証明書の取得のどの部分に影響があるのでしょうか。

車庫証明書を取得するにはいくつかの書類を作る必要があります。

【車庫証明書取得に必要な書類】
@駐車場の使用権原を証明する書類
押印不要になります
A自宅から駐車場のまでの地図
B車庫証明書取得の申請書
押印不要になります
C状況に応じて他の書類が必要
今回の改正により、@の使用権原を証明する書類とBの車庫証明書の取得申請書への認印での押印が不要となりました。

【ご依頼いただく場合】
車庫証明書の取得をご依頼いただく場合には、行政書士への委任状をご用意いただいております。
委任状はこちらからダウンロードすることができます。<車庫証明書用の委任状

この委任状に住所・氏名をご記入の上、認印で押印した上でご依頼をお願いしております。
※ご自身で車庫証明書の取得をする際にの申請用紙への押印は廃止となりましたが、行政書士へ委任する場合の委任状へは押印をお願いしております

また、使用権原を証明する書類にも行政書士の専用様式があります。
この様式での記入は必須ではありませんが、業務を円滑に進めるために推奨しております
使用権原を証する書類(行政書士用)

ダウンロードできなかったり、記入方法などが良くわからない場合にはお尋ねいただければご対応させていただきます🙂

押印が廃止となることで少しは負担が軽減されますが、それでも車庫証明書の取得には労力が掛かります。

名古屋市内で車庫証明書の取得をお考えのお客様はぜひご依頼ください😌

・名古屋市の車庫証明書の取得代行のご依頼ページはこちらにあります。
名古屋市の車庫証明書の取得代行

PageTop