ビジネスブログ | 名古屋ナンバーの普通車・軽自動車・バイクの手続きはゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋市で自動車の登録業務に特化した事務所です。

BLOG

2021年03月28日 [自分でやる手続き]

自動車の相続「費用対効果の高い方法」

こんにちは、行政書士の木町です🙂

私の事務所では、自動車の手続きに関することを主に行っています🚗
自動車の手続きと言いますと、名義変更や住所変更など車検証に変更部分がある場合の手続きです。

その中でも最近は「自動車を相続したので名義変更をお願いしたい」というご依頼をたくさんお受けしています。
一口に相続による名義変更と言っても、人によって置かれている状況は様々です。
ですので、「何を、どのように依頼してよいのかわからない」といったお問い合わせが多くあります。

なるべく料金が安く、作用完了までの時間が早く、自分の負担が少なく、対応が丁寧で・・・
みなさんそう思うのは同じでしょうけれども、すべてを求めることはなかなか難しいのが現状です😅

どこの部分をどこまで求めるかによって金額や内容が変わってきます

そこで、私のおススメの方法をブログに書いてみました😄

初めに、相続が開始して自動車の名義変更を行う場合の選択肢としましては、
「お金がかかっても良いので、とにかく全て任せたい」、
「適度な予算で煩わしい部分のみを行政書士に任せる」、
「自分で全てやりたい」。
概ねこの3パターンになります。

全てを自分で行えば金額は数千円で済みますが、労力が膨大です。
全てを任せれば大変楽ですが、金額が6万〜10万円位になります。

今回は実務上で一番多い「適度な予算内で煩わしい部分のみを行政書士に任せる」といった場合のご説明をさせていただきます🙂
このご提案が一番受けが良く、お客様満足度も高いように感じています。

相続による名義変更でやらなければいけないことはお客様の状況により異なりますが、大きく分けて次の5つです。
@戸籍謄本や原戸籍(はらこせき)などの必要書類の収集
A遺産分割協議書の作成
B車庫証明書の取得
C名義変更手続き
Dナンバープレートの交換・封印の取付

この中で、お客様自身でやっていただきたいことは@の戸籍などの収集とAの遺産分割協議書の作成です。
もちろん集めなければならない書類の種類はご説明しますし、遺産分割協議書の原案などはこちらでご用意致します。

残りのBの車庫証明書の取得とC名義変更手続き、Dのナンバープレートの交換・封印の取付はこちらにお任せいただくと金額と労力のバランスが最も良いです😄

相続が始まってから色々なことをしなければいけなくて大変疲れているかと思います。
ですが、手間とストレスが掛かる部分のみをお任せいただくと大分楽になりますので、よろしければご参考にしてください😊

PageTop