ビジネスブログ | 名古屋ナンバーの普通車・軽自動車・バイクの手続き、出張封印はゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋ナンバーの自動車・バイクの手続きをサポートします。

BLOG

2022年12月28日 [その他]

自動車臨時運行許可の申請(仮ナンバーの取得)

【自動車臨時運行許可の申請】
自動車は登録がされていなかったり、車検が切れているような場合には道路を走行することができません。
ですが、自動車が新規登録や継続検査、整備のために回送が必要なときは、臨時として運行許可の発行を受けることができます。
道路運送車両法
第35条1(許可基準等)
臨時運行の許可は、当該自動車の試運転を行う場合、新規登録、新規検査又は当該自動車検査証が有効でない自動車についての継続検査その他の検査の申請をするために必要な提示のための回送を行う場合その他特に必要がある場合に限り、行うことができる。

臨時運行許可のことを仮ナンバーと呼んだりもします。

【臨時運行許可申請の対象となる車両】
車検の必要な自動車が臨時運行許可の対象となります。
ですので、車検の無い自動車(250cc以下のオートバイなど)は臨時運行の対象にはなりません。

【自動車臨時運行許可の申請を行う場所】
運行経路の最寄りにある各市町村の役所にて申請を行います。
道路運送車両法
第34条の2(臨時運行の許可)
臨時運行の許可は、地方運輸局長、市及び特別区の長並びに政令で定める町村の長が行う。

【申請に必要な書類】
@自動車臨時運行許可申請書 
➁自動車を確認できる書類の原本
・車検証、登録識別情報等通知書(一時抹消した際に交付されるもの)など...
B自賠責保険証の原本
・自動車損害賠償責任共済証明書でも可
C申請者の本人確認できるもの
・運転免許証など
D印鑑
・法人の場合には代表者印
E手数料

【臨時運行許可証の有効期間】
臨時運行の許可証には有効期間があり、原則として最大5日となります。
道路運送車両法
第35条(許可基準等)
2 臨時運行の許可は、有効期間を附して行う。
3 前項の有効期間は、五日をこえてはならない。但し、長期間を要する回送の場合その他特にやむを得ない場合は、この限りでない。

【臨時運行許可証の返納期間】
許可証は有効期間を満了した日から5日以内に臨時運行の許可証と仮ナンバーを返納しなければなりません。
道路運送車両法
第35条6(許可基準等)
臨時運行の許可を受けた者は、有効期間(5日)が満了したときは、その日から5日以内に、当該行政庁に臨時運行許可証及び臨時運行許可番号標を返納しなければならない。

【許可証の返納を怠るとどうなる・・・?】
規定されている期間内に許可証を返納せずに、督促なども無視をして放置し続けると罰則を受ける可能性がります。
道路運送車両法 第八章 罰則より
第108条 次の各号のいずれかに該当する者は、六月以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
一 第四条、第十一条第五項、第二十条第一項若しくは第二項、第三十五条第六項、第三十六条、第三十六条の二第七項(第七十三条第二項において準用する場合を含む。)、第五十四条の二第七項、第五十八条第一項、第六十九条第二項又は第九十九条の二の規定に違反した者


PageTop