ビジネスブログ | 名古屋ナンバーの普通車・軽自動車・バイクの手続き、出張封印はゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋ナンバーの自動車・バイクの手続きをサポートします。

BLOG

2022年12月25日 [車庫証明書]

住民票とは異なる実家や一人暮らし先にて車庫証明書を取得する方法

住民票とは異なる実家や一人暮らし先にて車庫証明書を取得する方法のブログです。

原則として、車庫証明書は住民票のある住所を管轄する警察署にて申請を行います。
ですが、通学や単身赴任などの事情により、一時的に実家または一人暮らし先を離れていたりといったことも起こります。
これは一時的な住居の移動ですので、住民票を移動させずにいるというケースも存在します。

こういった場合、住民票の住所とは異なる場所にて自動車を保管することが認められなくなってしまします。
保管が認められないということは、結果としてその場所では自動車を所有・使用することができなくなります。

こういった不便さを解消するために、しっかりとした理由がある場合には住民票とは異なる場所にて車庫証明書を取得することができるという救済措置が用意されています。

【しっかりとした理由とは】
住民票を移動させないまたは移動できないことの理由です。
例えば、
・遠方の大学へ通学するため実家を離れて一人暮らしの部屋を借りている。
・1年間の単身赴任のため住民票のある自宅とは異なる場所に部屋を借りている。
・一人暮らしをしているが、親の介護のため実家に戻っている。
などが当てはまります。
これらの事情を管轄する警察署に説明をし、認められればその事情を証明する資料を添付することにより車庫証明書を取得することができます。

【証明する資料とは】
住民票とは異なる場所に住んでいる(使用の本拠といいます)ことを証明する資料としては以下のようなものです。
・電気、ガス、水道などの公共料金の領収書
直近3カ月以内のもので、請求書では認められません。
・消印のついた郵便物
レターパックや切手貼りの郵便物

以上のように、住民票を移動できない理由と証明する資料を用意することができれば、管轄する警察署へ相談へ行くと良いです。






PageTop