ビジネスブログ | 名古屋ナンバーの普通車・軽自動車・バイクの手続きはゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋ナンバーの自動車・バイクの手続きをサポートします。

BLOG

2021年12月25日 [車庫証明書]

車庫証明書の取得➁-2 使用承諾書の取得

【初めに・・・】
車庫証明書は申請を行う地域により特殊なルールが存在します。
ここでは「名古屋市で車庫証明書を取得する方法」をお伝えしております。
なお、愛知県内であれば名古屋市と同じ申請方法で車庫証明書の取得を行うことができます。

【使用承諾書とは】
使用承諾書(正式名称 保管場所使用承諾証明書)とは、車庫証明書を取得する際に提出する書類の一つです。
車を保管する場所に使用権原が有ることを証明するもので、他人から借りている土地に車を保管するケースで用いられる証明書です。

この使用承諾書は保管場所の所有者や管理権限を持つ人が記入するものですので、作成者は駐車場のオーナーや管理会社になります。
車庫証明書の申請を行う方が作成するものではありません
権限の無い者が作成すると私文書偽造罪となりますのでご注意下さい。

※なお、自分の所有している土地に車を保管するケースでは、使用権原を証明する書類は「使用承諾書」ではなく「自認書」になります。
自認書の作成方法につきましては、こちらのブログに記載してあります。
自認書の作成ブログ

【使用承諾書様式の用意】
使用承諾書の取得には愛知県警察が発行している様式がありますので、その様式を使用すると便利です。
ですが、多くのケースでは駐車場のオーナーや管理会社が使用承諾書を発行しますので様式の事前準備は不要です。
一応こちらから様式をダウンロードできるようにしてあります。
保管場所使用承諾証明書(様式)

【使用承諾書の見本】
繰り返しになりますが、使用承諾書は保管場所の所有者や管理権限を持つ人が記入するものですので、作成者は駐車場のオーナーや管理会社になります。
車庫証明書の申請を行う方が作成するものではありません
権限の無い者が作成すると私文書偽造罪となりますのでご注意下さい。

使用承諾書(見本)

@「保管場所の位置」・・・車を保管する場所が記入されます。

➁「住所・氏名」・・・駐車場の使用者の住所・氏名が記載されます。
つまり、車庫証明書の申請を行う人の住所と氏名です。

B「使用期間」・・・使用の開始日から使用契約が終了するまでの日付が記入されます。
なお、車庫証明書の取得をする際に必要な駐車場の使用期間は、最低で1か月以上の使用期間があることとされています。
また、使用期間が到来していない場合には、使用が開始される日まで車庫証明書の申請は受け付けられないのでご注意下さい。

C「承諾者欄」・・・駐車場の所有者や管理者の住所・氏名が記入されます。
押印は不要です。

D「共有者欄」・・・承諾者が他にもいる場合には、その共有者の住所・氏名・連絡先が記入されています。

以上が車庫証明書を取得する際に必要な書類の一つである、「使用承諾書の取得」についてのご案内となります。

その他に、
@申請書類
➁所在図
B配置図
を作成することで車庫証明書の申請を行うことができます。

使用承諾書以外の書類につきましては他のブログに記載してありますのでご参考にして下さい。

車庫証明書の申請書類作成ブログ

PageTop