ビジネスブログ | 名古屋ナンバーの普通車・軽自動車・バイクの手続きはゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋ナンバーの自動車・バイクの手続きをサポートします。

BLOG

2021年12月26日 [車庫証明書]

駐車場の契約者が親の場合

【初めに・・・】
車庫証明書は申請を行う地域により特殊なルールが存在します。
ここでは「名古屋市で車庫証明書を取得する方法」をお伝えしております。
なお、愛知県内であれば名古屋市と同じ申請方法で車庫証明書の取得を行うことができます。

車庫証明書を取得するには、車庫証明の申請をする者がその駐車場に対する使用権原がなければなりません。

他人の駐車場で車庫証明を申請するケースは無いでしょうが、親が借りている駐車場で子が車庫証明書を申請するということはあります。

その場合には、車庫証明書を申請する者(子)に使用権原がありませんので申請をすることはできません。

駐車場の貸主から申請者(子)へ使用権原を認める書類が別途必要となってきます。

ここで注意することは、駐車場の貸主から直接申請者(子)への使用権原がなければならず、駐車場の借主である親から申請者(子)へ使用権原を渡すのではいけません。

貸主に無断で別の者へ貸す行為は又貸しとなり、民法で禁止されております。

PageTop