ビジネスブログ | 名古屋ナンバーの普通車・軽自動車・バイクの手続きはゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋ナンバーの自動車・バイクの手続きをサポートします。

BLOG

2021年12月26日 [車庫証明書]

駐車場の契約書を使用承諾書として代用する方法

【初めに・・・】
車庫証明書は申請を行う地域により特殊なルールが存在します。
ここでは「名古屋市で車庫証明書を取得する方法」をお伝えしております。
なお、愛知県内であれば名古屋市と同じ申請方法で車庫証明書の取得を行うことができます。

車庫証明書の申請を行う際には、添付書類の一つとして「保管場所の使用権原を証明する書類」があります。

「保管場所の使用権原を証明する書類」として通常は、自己所有の土地で車両を保管する場合には「自認書」、他人所有の土地で車両を保管する場合には「使用承諾書」を用意します。

「自認書」は所定の用紙に自分の名前と氏名を記載することで作成できますが、「使用承諾書」は所定の用紙を貸主に作成してもらわなければなりません。

ですが、貸主に作成を求めると時間と労力が掛かります。
また、発行手数料という形で費用が発生することもあります。

そこで、他人所有の土地に車両を保管するケースでは「保管場所の使用権原を証明する書類」として、貸主からの「使用承諾書」ではなく「駐車場の契約書」で代用することがあります。

それならば初めから「駐車場の契約書」を添付して車庫証明書の申請を行えば良いように思えます。

しかし、駐車場の契約書を保管場所の使用権原を証明する書類として使用するにはいくつかの条件を満たしていなければなりません。

ですので、実務上では確実に申請を行うことができる「使用承諾書」の取得を勧めているのです。

それでも、車庫証明書の取得のための時間・労力・費用を抑えるために、保管場所の使用権原を証明する書類として駐車場の契約書を用いる場合には以下の条件を満たしているかご確認ください。

【契約書の条件】
@申請者と契約者が同一人物である
車庫証明書を取得する申請者と駐車場の契約者が同一人物でなければなりません。
しかし、駐車場の契約者が別人物であっても、駐車場の使用者が申請者と同一人物であれば良いです。

➁駐車場の契約期間
車庫証明書の取得申請を行うには、駐車場の契約期間が車庫証明書の取得申請を行う日から最低でも1か月以上でなければなりません。
契約日が到来していない場合や、契約期間があまりに短い場合には車庫証明書の申請は受理されません。
また、契約期間が過ぎてしまっているケースでも車庫証明書の申請は受理されません。
しかし、契約期間が過ぎてしまっていても、契約内容として契約期間の自動更新を行う旨の記載があれば、駐車場の賃料が払込みされている証明書を添付することで条件を満たします。
駐車場の賃料が払込みされている証明書とは、領収証や通帳のことで、直近3か月以内のものを用意します。
通帳を添付する場合には必要箇所以外は黒塗りにしても構いません。

B駐車場の位置
車庫証明書の申請を行うには、申請車両の保管場所が特定されていなければなりません。
特定するためには、駐車場の正確な住所と駐車位置番号が記載されている必要があります。
駐車位置「〇〇マンション敷地内」というような記載では申請は受理されません。

C契約書に禁止事項が無いこと
駐車場の契約書の中には、契約書を使用承諾書として使用することを禁止しているケースがあります。

D契約として成立していること
契約書としてしっかりと成立している必要があります。
例えば、契約者の住所氏名・押印が無いようなケースでは、契約書として成立していないので申請は受理されません。

上記の条件を満たしている契約書であれば、使用承諾書の代わりに使用することができます。

PageTop