永住許可 詳細|障がいのある方の将来に関する不安解消に向けて、名古屋市のゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
介護・福祉分野に特化した事務所です。
お問合せはこちら

永住許可とは

永住許可とは、外国人が外国人のまま日本に永住しようというときに必要な許可です。
何も在留資格の持たない外国人がいきなり永住者になることはできず、他の在留資格を得てから永住者へと変更します。
「永住者」への在留資格の変更については、一般の在留資格の変更より厳格な基準が定められています。
注意して下さい
永住許可申請中に、現在の在留資格の在留期間が満了する場合は、現在の在留期間が満了する日までに「在留期間の更新許可申請」をしなければ在留資格が無くなるため注意が必要です。

永住許可に必要な要件

チェック素行が善良であること
チェック独立の生計を営むに足りる資産または技能を有すること
チェックその者の永住が日本国の利益に合すると認められること
@日本におおむね10年以上、引き続き在留していること。
(その期間のうち就労資格または居住資格で、5年以上引き続き在留していること)
A罰金刑・懲役刑を受けていなく、納税義務も履行している。
B現在の在留資格の在留期間が、付与される最長の期間である。
C公衆衛生上、有害となるおそれがないこと。
日本人・永住者・特別永住者の配偶者や子が永住許可の申請をした場合、上記要件の一部が緩和される場合があります。

永住許可に必要な書類

チェック永住許可申請書
チェック理由書
チェック身分関係を証明する資料
婚姻、出生、認知、または養子縁組の事実を証する公的資料で戸籍謄本など。
チェック申請人を含む家族全員の住民票
チェック申請人または申請人を扶養する者の過去3ヵ年の所得および納税状況を疎明する資料
住民税の課税(非課税)証明書および納税証明書など。
チェック申請人または申請人を扶養する者の資産を証明する資料
不動産の登記事項証明書、金融機関の預金残高証明書など。
チェック申請人または申請人を扶養する者の過去3ヵ年間の職業を証明する資料
在職証明書、確定申告書(写し)、営業許可証(写し)など。
チェック身元保証に関する資料
身元保証書、身元保証人の職業を証明する資料、所得証明書(過去1年分)、身元保証人の住民票・印鑑
チェック表彰状、感謝状、受勲書または推薦状等の写し

永住許可にかかる手数料

永住許可は居住地を管轄する地方入国管理局へ申請します。
申請が許可された場合に、手数料として8000円を収入印紙で支払います。
また、申請してから結果がでるまで4か月程度の期間を要します。

PageTop