遺産分割協議書 詳細|障がいのある方の将来に関する不安解消に向けて、名古屋市のゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
介護・福祉分野に特化した事務所です。
お問合せはこちら
遺産分割の種類
【遺産分割とは】
遺産分割とは、相続財産が共同相続人の共有となっている場合に、各相続人の相続分に応じて分割することで、遺産分割にはいくつかの方法があります。

【遺産分割の種類】
@遺言による分割・・・遺言で遺産分割の方法を指定します。
しかし、遺言があったとしても、特定の条件がそろえば遺言内容と異なる遺産分割協議を行うことができます。
この場合でも、できる限り遺言者の意思を尊重するように努めます。
A協議による分割・・・遺言が作成されていなければ、共同相続人は協議により遺産を分割することができます。
B裁判分割・・・協議が調わない場合や協議することができないときは、家庭裁判所に分割の請求を行うことができます。
※協議による分割とは異なり、遺産に属する物又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身や生活の状況その他の一切の事情を考慮してなされます。

【遺産分割の効力】
@遺産分割は、相続開始の時に遡って効力を生じますが、第三者の権利を害することはできません。
A各共同相続人は、他の共同相続人に対して、売り主と同じく、その相続分に応じて担保する責任があります。

【遺産分割の禁止】 このような遺産分割ですが、禁止される場合があります。
@遺言・・・被相続人は遺言をすることにより、相続開始時から5年を超えない期間を定めて、遺産分割を禁止することができる。
A協議・・・相続人の協議により、相続開始時から5年を超えない期間を定めて、遺産分割を禁止することができる。
B審判・・・特別の事由があるときに、家庭裁判所は期間を定めて、遺産分を禁止することができます。
遺産分割協議書とは
【遺産分割協議書とは】
相続人などの間で、遺産をどうするのかについての話し合い(協議分割)が終わりましたら、その旨を明記するために作成する書類が「遺産分割協議書」です。

【作成時における必要事項】
遺産分割協議書の書式に決まりはなく、手書きでもパソコンでも大丈夫です。
但し、必要事項として以下の3点があります。
@財産内容と相続人の特定
A相続人全員が名を連ねること
B印鑑証明を受けた実印を押すこと

遺産分割協議書の作成は必ずしも義務ではありませんが、相続による不動産の所有権移転の登記を申請したり、相続税の申告や配偶者控除を行う際に必要になります。
また、遺産分割協議書の紛失や、他の相続人が協議通りに分割してくれなかった場合に、財産を差し押さえたりできるよう公正証書にしておくことが望ましいです。

PageTop