普通車の名義変更(相続)|名古屋ナンバーの普通車・軽自動車・バイクの手続きはゆめのほし行政書士事務所がサポートします。相続による普通車の名義変更を行っている名古屋市の行政書士事務所。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋ナンバーの自動車・バイクの手続きをサポートします。
お問合せはこちら

普通車の名義変更
(相続によるもの)

Check
名古屋ナンバーに対応しています
名古屋ナンバー普通車相続名義変更行政書士
車検証上の所有者が死亡しましたら、相続による自動車の名義変更を行います。
相続の手続きは複雑で、お客様の状況によりパターンが異なります。

はじめに行うこと

チェック1.相続人を確定させること
相続の順位に基づいて、亡くなられた方の戸籍等を集めて相続人を確定するところから始まります。

【戸籍等の収集】
亡くなられた方の本籍地である市役所・区役所から、出生〜死亡の記載がある戸籍を取り寄せます。

【相続の順位】
配偶者は常に相続人になり、
第1順位 子及びその代襲者
第2順位 直系尊属
第3順位 兄弟姉妹及びその代襲者
となります。
チェック2.相続人に未成年がいるかを確認する
次に相続人に未成年者がいるかの確認を行います。
未成年者がいる場合には、共同相続か単独相続をするかの選択をします。
そして、単独相続を選択した場合には、家庭裁判所へ申し立てを行い、未成年者の特別代理人を選定しなければなりません。

必要書類の収集

相続人が確定しましたら、次は名義変更に必要な書類を集めます。
チェック車検証の原本
有効期限内の車検証の原本が必要です。
チェック戸籍謄本(原戸籍・除籍等)
車検証の所有者の死亡の事実のわかるものと、相続人全員が確認できるものが必要となります。
チェック遺産分割協議書
(必要な場合のみ)
相続人が2人以上いる場合には、遺産分割協議書が必要となります。
ただし、未成年者との共同相続の場合には不要です。
チェック相続名義人の印鑑証明書
新しく所有者となる相続名義人の印鑑証明書が必要となります。
発行から3か月以内のもの。
相続名義人以外の相続人の印鑑証明書は不要です。
チェック相続名義人からの委任状
新しく所有者となる相続名義人からの委任状が必要となります。
氏名・住所を記入の上、実印で押印をお願します。
チェック新使用者の住所を証する書類
(必要な場合のみ)
新所有者と新使用者が異なる場合には、新使用者の住所を証する書類(住民票や印鑑証明書)が必要となります。
発行から3か月以内のもの。
チェックナンバープレート
(必要な場合のみ)
相続による名義変更を行い、ナンバープレートの管轄が変更となる場合には旧ナンバープレートを返納します。
このようなケースでは、出張封印を行うことで対応させていただきます。
チェック車庫証明書
(必要な方のみ)
車検証上の使用の本拠の位置に変更がある場合には車庫証明書が必要となります。
発行から40日以内のもの。

名古屋市車庫証明書行政書士

普通車の車庫証明書の取得
普通車の車庫証明書の取得を行います。
名古屋市周辺の地域が対象となります。
詳細情報

普通車の名義変更サポート料金
(相続によるもの)

相談内容 サポート料金
必要書類の収集
(戸籍など)
16,500円
移転登録 16,500円
車庫証明書の取得 11,000円〜
出張封印 11,000円〜

(コラム1)
遺産分割協議書が省略できるケース

自動車を相続することになりましたら、相続人が2人以上いる場合には「遺産分割協議書」の作成が必要です。
ですが、ある条件の下であれば遺産分割協議書の添付は不要とされています。
注意点
遺産分割協議書の省略をする方法を記載していますが、前提条件として遺産分割協議そのものが有効に成立している必要があります
つまり、誰が自動車を相続するかの話し合いはすでに行われたということです。
「遺産分割で揉めているから遺産分割協議書を作成できない」等の理由でこの方法を行うことはできません。
ご依頼いただく際にも、この点は必ず確認させていただいております。
遺産分割協議書が省略できるケース
Check
相続する自動車の評価額が100万円以下
相続する自動車の評価額が100万円以下であり、その価格を証明することができれば遺産分割協議書の添付は不要となります。
評価額を証明するにはある決まりがあります。
評価額を証明する方法@
Check
中古車査定士の査定証

自動車相続査定証

中古車査定士に査定してもらい、査定証書を発行してもらいます。
JAAIまで自動車を持ち込んで査定してもらったり、中古車査定士がいるお店まで自動車を持って行きます。
自動車の種類に応じて査定のための手数料が発生します。
評価額を証明する方法➁
Check
イエローブックの活用

自動車相続イエローブック

上記のように、中古車査定士がいるところまで自動車の持ち込みが難しい方もいるかと思います。
そのような方はイエローブックを活用する方法もあります。
イエローブックはJAAIが毎月発行しており、中古車の一般的な査定価格が記載されています。
このイエローブックから対象車両を見つけ、コピーを添付することで評価額を証明することができます。
このイエローブックを活用する方法では、車両を持ち運ぶ必要が無いという利点はありますが、イエローブックそのものを購入する手間があったり、あまりに昔の車(10年以上前)や、改造されているような車(型式不明車)は記載がされていません。

証明する資料がそろったら

相続する自動車の価格が100万円以下であることを証明する資料がそろいましたら、その資料に加え、遺産分割協議書成立申立書を添付します。
遺産分割協議書成立申立書
これで、遺産分割協議書を省略することができるようになりました。

まとめ

相続による自動車手続きで良くあるご質問の一つ「遺産分割協議書の省略」について書きました。
これまで数多くの自動車相続の手続きをサポートをしてきましたが、実務上この方法で進めたことは少ないです。
その理由としまして、今回の方法で手続きを行うには、有効な遺産分割協議が成立しているという前提があり、ほとんどのケースで遺産分割協議そのものを揉めていたり、相続人と音信不通であるので遺産分割協議を作成できない、相続人の中に認知症を患っている者がいる等、手続きの前提となる有効な遺産分割協議が行われていないからです。
通常の相続手続きを進めている最中に、何らかの拍子に評価額の証明書が手に入った等の特殊な事情が無い限りは、あまり実用的な方法ではないように感じています。

ご依頼方法と書類の送り先

PageTop