在留資格変更 詳細|障がいのある方の将来に関する不安解消に向けて、名古屋市のゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
介護・福祉分野に特化した事務所です。
お問合せはこちら
在留資格変更許可申請
外国人が現在有している在留資格を変更する手続きです。
在留資格の変更は、在留期間内であればいつでも申請することができますが、在留資格の変更許可前に新しい活動を行うことはできません。
申請書に必要事項を記入し、居住地を管轄する地方入国管理局へ提出します。
申請の結果までの所要期間は2週間から1ヶ月程度で、申請が許可されれば手数料として4000円を収入印紙で支払います。

必要な書類

チェック在留資格変更許可申請書
この申請書には、各在留資格に共通の様式と各在留資格に従った様式があります。
チェックパスポート・在留カード
チェック申請理由書
新しく活動する理由を記載する書類で、特に定まった様式はありません。
チェック新たに従事しようとする活動の具体的内容を疎明する資料
在留資格の変更申請に必要な書類は、在留資格の種類により異なります。

PageTop