帰化 詳細|障がいのある方の将来に関する不安解消に向けて、名古屋市のゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
介護・福祉分野に特化した事務所です。
お問合せはこちら

帰化とは

帰化とは、外国籍の方が日本の国籍を取得することです。
外国籍のまま日本に住み続けたい場合は、帰化ではなく永住許可を考えます。
帰化許可申請は必要書類の収集が膨大なことに加えて、複雑な要件が多いです。

帰化をするための条件

チェック引き続き5年以上日本に住所を有すること
5年以上日本に住所を有している必要があります。
住所というのは、生活の本拠のことで、単なる居所は含まれません。
また、5年間の居住期間に中断があれば原則としてこの条件を満たしませんが、例外もありますので、ご相談下さい。
チェック20歳以上で本国法によって行為能力を有すること
帰化は原則として20歳以上で、かつ本国法で成年に達している必要があります。
ただし、親が帰化の許可が下りたりしている場合は、未成年の子どもでも帰化できるなど例外もありますので、こちらもご相談下さい。
チェック素行が善良であること
前科や非行歴が無く、納税などの公的義務をちゃんと果たしていることが必要です。
道路交通法の違反であっても注意してください。
チェック自己または生計を一にする配偶者その他の親族の資産または技能によって生計を営むことができること
自分または配偶者、その他の親族の資産または技能を総合的に判断し、生計をたてることができていれば良いです。
生計を一にするとは、必ずしも同居でなくてもよいということです。
生計を営むとは、健康で文化的な最低限度の生活がおくれるくらいのものとされています。
チェック国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によってその国籍を失うべきこと
申請者は、無国籍者であるか、または日本の国籍を取得することによって、それまでの国籍を失う者でなければなりません。
チェック日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て、若しくは主張し、又はこれを企て、若しくは主張する政党その他の団体を結成し、若しくはこれに加入したことがないこと
憲法や政府を暴力で破壊する行為や主張をせず、またそのような団体や政党を結成したり、加入したことがない者でなければなりません。

作成する書類

チェック帰化許可申請書
チェック帰化の動機書
チェック宣誓書
チェック履歴書
チェック親族の概要を記載した書面
チェック生計の概要を記載した書面
チェック事業の概要を記載した書面
チェック自宅・勤務先等付近の地図

取り寄せる書類

チェック本国法によって行為能力を有することの証明書
チェック在勤および給与証明書、最終学校の卒業証明書、中退証明書、在学証明書
チェック国籍を証する書面
チェック身分関係を証する書面
チェック出生届、死亡届、婚姻届、離婚届、養子縁組届、認知届、親権者の変更等の届出書の写し、記載事項証明書または受理証明書
チェック住民票、閉鎖外国人登録原票
チェック納税証明書
チェック法定代理人の資格を証する書面
チェック会社の登記事項証明書
チェック不動産の登記事項証明書、預貯金の現在高証明書、有価証券保有証明書
チェック公的年金の関係書類
チェック運転記録証明書

帰化許可申請にかかる手数料

帰化許可申請の書類がそろいましたら、申請者の住所地を管轄する法務局・地方法務局の国籍課、または戸籍課へ提出します。
その際の申請手数料は無料です。

PageTop