普通車の住所変更|名古屋ナンバーの普通車・軽自動車・バイクの手続きはゆめのほし行政書士事務所がサポートします。名古屋ナンバー管轄内で、車の所有権の変更がなく、氏名・住所・使用の本拠地・使用者が変更になる場合の手続きです。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋ナンバーの自動車・バイクの手続きをサポートします。
お問合せはこちら

普通車の住所変更

Check
名古屋ナンバーに対応しています
Check
一般のお客様対応します
Check
総額シュミレーションあり
(名古屋市在住の方)
名古屋ナンバー普通車住所変更行政書士
引っ越しなどにより使用の本拠の位置に変更があった際に行う手続きです。

車検証の住所変更サポート料金

Check
車庫証明書が必要になります。
Check
ナンバーの表示に変更があるケースでは、ナンバープレートの交換が必要です。(出張封印)
相談内容 サポート料金
変更登録 11,000円
車庫証明書の取得 11,000円〜
出張封印 11,000円〜
【総額シュミレーション】
Check
名古屋市内に住んでいる方限定
Check
一般のお客様向き

名古屋市自動車の手続き行政書士

総額シュミレーション
サポート料と法定費用を合わせた、最終的にお支払いいただく金額をシュミレーションします。

詳細情報

住所変更の必要費

普通車の住所変更を行う際に発生する必要費です。
その他の手続きが組み合わさる場合には、その手続き毎の必要費が発生します。
内容 費用
登録印紙代 350円
ナンバープレート
(管轄変更有り)
1,460円(通常)
4,160円(希望)
愛知県収入証紙
(車庫証明書)
2,700円

ご用意いただく書類

普通車の住所変更手続きに必要となる書類のご案内です。
チェック車検証の原本
有効期限が切れていても可
チェック住民票
発行から3か月以内のもの。
住民票記載にある従前の住所が車検証上の住所と異なる場合には、つながりを証明する書類が別途必要となります。
チェック委任状
氏名と住所を記入してください。
押印は無くても大丈夫です。
委任状のダウンロード
チェックナンバープレート
(必要な方のみ)
住所変更によりナンバープレート管轄が変更となる場合には、旧ナンバープレートを返納します。
ご依頼時に旧ナンバープレートを送っていただいても構いませんが、新ナンバープレートを取り付ける出張封印にお伺いした際に旧ナンバープレートを取り外すことも可能です。

他の手続きとの組み合わせ

普通車の住所変更を行う際には、他の手続きと組み合わさることもあります。
必ず必要になるものと、そうでないものがありますのでご参考にして下さい。
新しい住所を証明するために、住民票を取得します。

名古屋ナンバー普通車行政書士

必要書類の収集
普通車の手続きに必要となる戸籍謄本や住民票などの書類を取集します。
詳細情報
車検証上の使用の本拠の位置が変更となる場合には車庫証明書の取得が必要となります。

名古屋市車庫証明書行政書士

普通車の車庫証明書の取得
普通車の車庫証明書の取得を行います。
名古屋市周辺の地域が対象となります。
詳細情報
普通車を住所変更することによりナンバープレート管轄が変更となる場合、ナンバープレートの番号は新しいものに変わります。
その際に任意の数字を付けることができます。

希望ナンバー名古屋市行政書士

希望ナンバーの取得
ナンバープレートに任意の数字を付けることができます。
詳細情報
普通車を住所変更することによりナンバープレートの管轄が変更となる場合、新旧ナンバープレートと封印の交換が必要となります。
その際に、お客様のご指定される場所まで訪問して交換作業を行います。

名古屋市出張封印行政書士

出張封印
名古屋市周辺地域にて、ナンバープレートと封印の交換を行います。
詳細情報
普通車の住所変更をご依頼いただくと、車検証上の住所・使用の本拠の位置を変更させていただきます。
車検証の変更と同時に自賠責保険証の住所が切り替わることはなく、自賠責保険証の住所変更は別の手続きとなります。

名古屋市行政書士自賠責保険

自賠責保険証の手続き
自賠責保険証の発行や名義、住所を変更します。
詳細情報

(コラム)
手続きをずっと放置していたら...

引っ越しなどにより、使用の本拠の位置に変更があった場合には、車検証の住所変更をしなければなりません。
ですがついつい後回しにしてしまい、追には手続きをすることなくそののまま過ぎてしまっている...
といったケースもあるようです。
では、車検証の住所変更を怠るとどのようなリスクがあるのかをみていきます。
チェック罰則があります
車検証の住所変更手続きは、道路運送車両法12条に定められている義務であり、一部のケースを除き住所変更の事由があった日から15日以内に手続きをしなれければならないと定められています。
これを怠った場合には、同法109条の規定により50万円の罰金とされています。
チェック自動車税が納付できない可能性がある
毎年5月ごろに送られてくる自動車税(種別割)の納付通知書は、車検証に記載されている住所へ送られます。
ですが、転居届などをしっかりと行っていなければ納付通知書が届かない可能性があります。
自動車税を滞納すると延滞金が発生したり、車検が受けれなくなる怖れがあります。
チェック手続きがどんどん複雑になる
住所変更の手続きを行うには、車検証記載の住所と新しい住所の両方が記載されている書類の添付が必要となります。
通常であれば新しい住民票を取得することで、従前の住所の部分が車検証記載の住所になっているはずですので、それで書類収集は完了です。
ですが、引っ越しをするたびに手続きを放置したままにしておくと、いざ住所変更の手続きをしようと思ったときに、住民票のみでは対応できなくなります。
更に追加資料として、住民票の除票戸籍の附票が必要となります。
それだけで完了すれば良いのですが、令和元年以前の住民票の除票や戸籍の附票には5年間という保存期間が定められており、期限が経過したものについては取得することができなくなっています。
(一部例外はありますが、平成26年3月31日以前のものは削除されています)
そのようなケースでは、更に追加の書類が必要となってきて、手続きがどんどん複雑になります。
【住民票の除票とは】
住民票は住所登録されている場所に変更があると削除されます。
この削除された住民票のことを住民票の除票と言います。
つまり、昔の住民票のことです。
この住民票の除票には、
@当時住んでいた住所
➁そのひとつ前の住所
B新しい住所
の3つが記載されています。
この住民票の除票は当時の住所登録をしていた役所から取り寄せをします。
【戸籍の附票とは】 戸籍の附票(ふひょう)とは、戸籍が作られてから現在までの住所履歴が記載されたもので、本籍地のある市区町村で取得します。
ですが、戸籍は婚姻等により新しく作り替わりますの、戸籍の附票のみでは住所履歴が確認できないケースもあります。
その場合には、以前の戸籍の附票(除附票)を取得することで対応します。

ご依頼方法と書類の送り先

PageTop