在留資格更新 詳細|障がいのある方の将来に関する不安解消に向けて、名古屋市のゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
介護・福祉分野に特化した事務所です。
お問合せはこちら
在留期間の更新
日本に在留している外国人は、日本で行っている活動内容に変更がなければ、現在の在留資格を変更することなく、在留期間更新の許可申請をすることができます。
原則として、現在付与されている期間と同じ期間を申請します。
更新の申請は、在留期限が来る前に、居住地を管轄する地方入国管理局にて行います。
許可の結果が出るまでの所要期間はおよそ2週間〜1ヵ月で、許可された場合に手数料として4000円を収入印紙で支払います。

必要な書類
チェック在留期間更新許可申請書
現在お持ちの在留資格により用意していただく書類が異なります。
更新が不許可になった場合
更新の申請が不許可になってしまった場合は日本に在留することができなくなり、出国しなければなりません。
その場合は出国まで、「特定活動」の在留資格で過ごすことがあります。

PageTop