再入国許可 詳細|障がいのある方の将来に関する不安解消に向けて、名古屋市のゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
介護・福祉分野に特化した事務所です。
お問合せはこちら
再入国許可申請
日本に在留する外国人が在留期間内に一時的に帰国し、再び日本に戻ってくるには、事前に「再入国の許可」が必要です。
この再入国の手続きをすることしないで出国した場合、在留中に与えられていた在留資格は消滅します。
(※注)特に「永住者」の在留資格を持つ方は気を付けてください。
再度新しく「永住者」を取得することになります。

【再入国許可の有効期限】
再入国の許可される有効期限は、原則として最長5年です。(特別永住者は6年)
1年以内の帰国が予定されているのであれば、より簡易な手続きである「みなし再入国の許可」を届出る方法もあります。
ただし、1年以内に再入国しなかった場合在留資格は消滅します。

長期の帰国を予定されている方は、事前にしっかりと調べて再入国の許可を申請するようにしましょう。
在留資格が消滅してしまう、などの思わぬトラブルにつながります。

PageTop