所有権留保の解除(一般のお客様)|名古屋ナンバーの普通車・軽自動車・バイクの手続きはゆめのほし行政書士事務所がサポートします。名古屋市でローン完済による所有権留保の解除を行っている行政書士事務所のページ。

ゆめのほし行政書士事務所
名古屋ナンバーの自動車・バイクの手続きをサポートします。
お問合せはこちら

普通車のローンを完済した
(一般のお客様ページ)

Check
一般のお客様用のページです
Check
ローン完済後の手続きです
Check
総額シュミレーションあり
(名古屋市在住の方)
名古屋ナンバー普通車所有権留保の解除行政書士
【総額シュミレーション】
Check
名古屋市内に住んでいる方限定
Check
一般のお客様向き

名古屋市自動車の手続き行政書士

総額シュミレーション
サポート料と法定費用を合わせた、最終的にお支払いいただく金額をシュミレーションします。

詳細情報

車のローン完済後にすること

チェック車検証の書き換え
車をローンで購入した場合、車を買った人はその車を自由に乗ることができます。
そのため、車は自分の物と思いがちですが、実は所有者はローン会社となっています。

ローンの支払いが完了し、所有者を変更する手続きをすることで初めて自分の所有する車となります。
ローンの支払いが完了した時点で自動的に所有者が自分になるわけではありません

手続きを行うことは法律により、「新しく所有者になる人の義務」と定められています。

道路運送車両法
第十三条(移転登録)
新規登録を受けた自動車(以下「登録自動車」という。)について所有者の変更があつたときは、新所有者は、その事由があつた日から十五日以内に、国土交通大臣の行う移転登録の申請をしなければならない

ですので、ローンの支払いが完了しましたら自分で名義人を変更する手続きを行います

ここからスタートします

チェック準備する書類を調べる
車の所有者をローン会社から変更するために必要な書類を調べます。

必要となる書類はお客様の現在の状況によって様々です。

何が必要となるのかわからない方は、この時点でお問い合わせやご相談下さい。

その際に状況を正確に判断するため、車検証などを見せていただく必要があります。
最近では、画像を送ることができるためLINEでやり取りするケースが多くなっています

お客様にしていただくこと

チェック必要書類のご用意
お客様から現状を聞き取りしましたら、手続きに必要となる書類をご案内します。

ローン会社から取り寄せたり、区役所へ行ったりして取得するものもあれば、委任状など自分で用意するものもあります。

委任状などの用紙をダウンロードして印刷できるようにしてありますが、印刷環境が整っていないお客様には郵送でお送りします。

他の手続きとの組み合わせ

チェック車検証の書き換え以外
ローンを完済して所有者に変更があった場合の車検証の書き換えについてご説明してきました。

車検証の書き換えの他にも、車庫証明書の取得やナンバープレートの交換のこともサポートしています。
車検証に記載されている「使用の本拠の位置」と「印鑑証明書の住所」が異なる場合には、車庫証明書の取得が必要となります。

車を購入してから現在までに引っ越ししており、車検証の住所変更をしていない方が該当します。

ご依頼の方法

チェックご依頼の方法
準備する書類が揃いましたらご依頼へと進んでいただきます。
ローン完済の手続きではお客様の置かれている状況は様々ですので、一般的な流れではなく、個別に進めさせていただくこともあります。
pict

コラム1
ローン完済手続きに必要な書類

ローン完済後の車検証の書き換えに必要となる書類のご案内です。

車を購入してから引っ越しをしていて、ナンバープレートの表示に変更があるケースではナンバープレートの交換が必要となります。
チェック車検証の原本
チェック譲渡証明書
ローン会社から取り寄せます。
チェックローン会社の印鑑証明書
発行から3か月以内のもの。
チェックローン会社からの委任状
チェック新所有者の委任状
新所有者からの実印での押印が必要です。
チェック新所有者の印鑑証明書
発行から3か月以内のもの。
チェック車庫証明書
(必要な方のみ)
車検証上の使用の本拠の位置に変更がある場合には、車庫証明書が必要になります。

コラム2
ナンバープレートの交換方法

チェックナンバープレートに変更があるケース
ローンの完済手続きをして、車検証に書かれている「使用の本拠の位置」に変更があるケースではナンバープレートが変わることがあります。

つまり、車を購入したときから現在までに引っ越しをしていて、車検証の書き換えを行っていないケースです。

現在の車に名古屋ナンバーが付いていて、新しい住所も名古屋ナンバーであればナンバープレートに変更はありませんが、
名古屋ナンバー以外のナンバープレートが付いていて名古屋ナンバーに変わる場合にはナンバープレートの交換が必要となります。
チェック名古屋市以外でも名古屋ナンバーの場合があります
名古屋ナンバーといえば、名古屋市に住んでいる人のみかと思いますが、名古屋市の近隣地域でも名古屋ナンバーを使用しているところはたくさんあります。

名古屋ナンバー行政書士拡大表示

名古屋ナンバー
名古屋ナンバーは...
名古屋市、半田市、津島市、常滑市、東海市、大府市、豊明市、日進市、愛西市、弥富市、あま市、長久手市、愛知郡、海部郡、知多郡
に住所のある方です。
チェックナンバープレートの交換方法
ナンバープレートの交換が必要なケースでは、車を愛知運輸支局まで持ち運ばなければなりません。

車を持ち運ぶのは、ナンバープレートの交換をする際に後ろのナンバープレートに付いている「封印」というものを一般の人では取扱うことができないためです。

ですので、電車やバスを利用して手続きのみを行い、ナンバープレートを家に持ち帰って自分で交換するということはできないようになっています。
封印

コラム3
ナンバープレートの交換は行政書士に依頼できます
(出張封印の利用)

チェック封印の取り扱いは行政書士もできます
ナンバープレートに変更があるときには愛知運輸支局まで車を持ち込みをしなければなりませんでした。

一般の方では後ろのナンバープレートに付いている「封印」を取扱うことができないためです。

しかし、行政書士にナンバープレートと封印の交換をお任せするという方法もあります。

この方法でしたら、車を愛知運輸支局まで持ち込み必要がなくなります。
チェック出張封印のメリット
(場所を選べます)
ナンバープレートの交換を行う際に、後ろのナンバープレートに付いている「封印」を行政書士でも取り扱いができるとご説明しました。

この封印を含めたナンバープレートの交換をお客様のご指定する場所(自宅や職場など)に訪問して行うことができます。
(出張封印)
チェック出張封印をご依頼の際の注意点
出張封印のご依頼を検討されているお客様は現在付いているナンバープレートに防犯対策がされていないかの確認をお願いします。

防犯対策とは、ナンバープレートが盗難されないように特殊なネジを使用してあることを言います。

名古屋市出張封印

防犯対策の確認
ナンバープレートに防犯対策がされているのか、事前にご確認下さい。
詳細情報

コラム4
所有権留保の設定

所有権の留保とは、自動車の所有権(所有者)を自分のものにして、自動車の使用者と自動車税の支払いを他人にしてある登録状態のことを言います。

所有権を留保して登録しておくと、使用者は所有者に許可を得ることなくその自動車を処分(売却・譲渡)することができません。

自動車をローン契約で購入した際に、ローン会社を所有者として登録することが多いですが、ローン会社以外でも所有権の留保をして登録をすることができます。

例えば、自動車販売会社やその他の個人でも所有権留保を設定することができます。

その際には、自動車販売会社であれば古物商の写し、個人であれば契約書の写しが必要となってきます。

この所有権留保の設定は、不動産でいうところの抵当権の設定によく似ています。

自動車にも抵当権を設定することはできますが、設定費用が掛かるため、普通車の場合には抵当権よりもこの所有権留保による登録が主に利用されています。

PageTop