遺言 詳細|障がいのある方の将来に関する不安解消に向けて、名古屋市のゆめのほし行政書士事務所がサポートします。

ゆめのほし行政書士事務所
介護・福祉分野に特化した事務所です。
お問合せはこちら
遺言とは
遺言とは、一定の方式により「故人の意思を相続人へ言い残すこと」であり、この者の死後それに即した法的効果を与える法技術のことです。
それらを書面にしたものが遺言書です。
遺言がなければ、相続人全員が集まり、法定相続分に従って、どの財産を誰がもらうのか話し合いで決めることになります。(遺産分割協議
相続人同士で話し合いがうまく進めばよいでしょうが、まとまらなければ調停審判で遺産分割を行うことになり、労力もかかりますし、精神的にも大きな負担になります。
金銭が関わることなので、相続をきっかけに仲が悪くなるケースも存在します。
亡くなった後に自分の意思を伝えることができる遺言書があれば、相続人同士のトラブルを防ぐことができます。
遺言能力
遺言者は、遺言をするときにおいてその能力を有しなければなりません。

【未成年者の遺言】 遺言は15歳以上であれば残すことができますので、未成年でも作成可能です。

【高齢者の遺言】
遺言の作成には「意思能力」が必要とされており、認知症などにより意思能力の有無について争いになることがあるため、高齢者の場合は有効な遺言を残すために注意が必要です。

【成年被後見人等の遺言】
成年後見制度を利用している成年被後見人・被保佐人・被補助人など、判断能力が衰えてしまった場合でも、原則として単独で有効な遺言を残すことができます。
遺言者の最終の意思を尊重するためです。
※ただし成年被後見人については、事理を弁識する能力を一時回復したときにおいて遺言をするには、医師2人以上の立ち合いが必要になるなどの制限があります。
遺言書の種類
ひと言に遺言書といっても、いくつかの種類・方式があります。
ここでは最も利用されている「自筆証書遺言」・「公正証書遺言」について紹介します。
どちらも特徴がありますので、自分に合った遺言の方式を選ぶことが重要です。
【自筆証書遺言】
自筆証書遺言とは、遺言者が遺言の全文を自署し、押印することによって成立する遺言です。
法改正により、財産目録の部分はパソコンでも作成可能になりました。

手軽さ

自筆証書遺言のメリット

文章を書く能力さえあれば、自分一人で作成できます。
作成に当たり特別な手続きも費用も掛からないうえ、内容を秘密にしておけます。

自筆証書遺言のデメリットとして、作成にあたり法律が定める様々な要件を満たす必要があり、一つでも間違いがあると無効になるおそれがあります。
また、遺言書の保管場所によっては、自分の死後に発見されないことや、誰かに書き換えられる心配もあります。
【公正証書遺言】
遺言書を公正証書にしておく方法です。
公正証書遺言は、公証役場で公証人を前に、証人を2人以上立ち会わせて作成します。

安全

公正証書遺言のメリット

遺言書の原本が公証役場で保管されるため、紛失や内容を書き換えられる心配がありません。
また、本人の述べた内容を公証人が書面にするため、形式上の不備がでたりしません。
また、検認手続きが不要になります。

公正証書遺言のデメリットとして、作成にあたり公証役場に出向くことや、証人が2人必要であるなど手軽ではないことや、遺言の内容を公証人や証人に知られてしまいます。
また、遺言を公正証書にするときや書き直したい場合に費用が掛かります。
事前に遺言の原案を作成したうえで公証役場へ出向きます。
遺言の撤回
遺言者はいつでも遺言の方式に従って、その遺言の全部又は一部を撤回することができます。

以下のようなことがあった場合には遺言の撤回があったものとみなされます。
@前に作成した遺言と後から作成した遺言に異なる箇所がでてきた場合・・・後から作成した遺言が優先されます。
A遺言を作成したが、その後に対象となる財産を処分したり、法律行為をした場合・・・その抵触する部分が撤回されます。
B遺言者が故意に遺言書、遺贈の目的物を破棄した時・・・その破棄した部分が撤回されます。
遺言書を作成した方が良い場合
Check 障がいのある子に多く財産を残したい
Check 兄弟姉妹の仲が悪い
Check 結婚相手に連れ子がいる
Check たくさんの相続人がいる
Check 内縁の配偶者やその人との間に子どもがいる
Check 相続させたくない人がいる(相続人の排除)
Check 可愛がっているペットがいる
Check 子供がいない場合

PageTop